雑魚ニュース速報

幅広く気になるニュースをまとめて紹介しています。
一般のニュースとして取り上げられないような香ばしい、雑魚なニュースなどお届けします。



    1 Egg ★ :2020/09/28(月) 19:23:53.14 ID:CAP_USER9.net

    (作家・ジャーナリスト:青沼 陽一郎)

    今年に入って、いわゆる芸能人の自殺が目立っている。

    つい先日までの猛暑が嘘のように涼しさを増した9月最後の日曜日の朝に、メディアが一斉に速報したのは、女優の竹内結子の自殺だった。
    報道によると、27日未明に渋谷区の自宅マンションのクローゼット内でぐったりしているところを夫が見つけ、119番通報した。首つり自殺を図ったと見られている。40歳だった。

    その2週間前の9月14日には、女優の芦名星が新宿区の自宅マンションで自殺。36歳だった。視聴率を稼ぎ、20年近く放送の続くテレビドラマ『相棒』シリーズに準レギュラーで出演もしていた。

    さらにその2カ月前。7月18日には、俳優の三浦春馬が30歳の若さで自ら命を絶っている。やはり今月20日に都内の自宅で自*た俳優の藤木孝(享年80歳)と芦名と過去にドラマで共演していたことや、
    竹内と映画での共演もあったことから、そこに奇妙な因果関係を見出したがる報道もある。

    さらに遡れば、フジテレビの番組『テラスハウス』に出演していた22歳の女子プロレスラーの木村花が、5月23日に自*ている。
    正式な発表はないが、同番組での出演者とのやりとりを巡るSNS上での誹謗中傷が原因であるとされ、今月になってBPO(放送倫理・番組向上機構)の審理入りが決まった。

    華やかに映る芸能界の裏側で、みんななにかに悩んでいた。そのギャップに多くの一般視聴者は驚き、そこに“心の闇”があった、
    などと使い古された曖昧な言葉で絡め取って、どこか落ち着かせようとする、そんな記事原稿も少なくない。

    はたまた、新型コロナウイルスの蔓延による影響を説く、いわゆる自殺に関する専門家と呼ばれる連中の声もある。不要不急の外出の自粛が叫ばれ、人との接点も減った。
    俳優であれば、撮影や舞台の出演も先送りになったり、中止になったりする。ともすれば収入にも影響が及ぶ。いままでと違う日常。それだけでもストレスなのに、親しい人とも疎遠になって、
    心の内を聞いてもらえることもなくなった。それが自殺に結びついている。そういう見立てだ。

    だが、問題はそんな単純なものはではない。ここに現れているのは、“日本の闇”そのものである。

    ■ 若者の死因トップが「自殺」である日本

    厚生労働省は今月、昨年2019年の「人口動態統計」を公表している。
    そこで驚かされるのは、15歳から39歳までの死因の第1位がいずれも「自殺」であるとだ。5歳ごとの年齢階級別に表示される死因の順位を見るとわかる。2人に1人がなるとされる「がん」よりも多い。
    しかも、10歳から14歳まででは、「自殺」が死因の第2位を占め、2017年には同年齢階級の第1位になっている。

    さらには、昨年の統計で40歳から49歳までの死因の第1位は「がん」だが、第2位は「自殺」となる。50歳から54歳まででは「自殺」が第3位、55歳から59歳までで第4位、60歳から64歳までで第5位に位置する。
    国内の日本人の自殺者数は、3万2000人を超えた2003年をピークに、年々減少傾向にある。ところが、20代、30代の死因の第1位が「自殺」である傾向は、もう20年以上変わらないで推移しているのだ。
     こんな国はない。こんなに若者が自ら死を選ぶ国は、先進国といわれるなかでも日本だけだ。

    9/28(月) 6:01配信
    https://news.yahoo.co.jp/articles/706aeabe6a0f4da4c6971e9fa0f9d9b31379bc00


    お金がたまるポイントサイトモッピー 【【“日本の闇”】<芸能人の自殺が増えた」本当の理由>こんなに若者が自ら死を選ぶ国は、先進国といわれるなかでも日本だけだ】の続きを読む



    1 muffin ★ :2020/09/29(火) 11:14:04.38 ID:CAP_USER9.net

    https://wezz-y.com/archives/81537
    2020.09.28

    Kinki Kidsの堂本剛が、パーソナリティーを務めるラジオ『Kinki Kidsどんなもんヤ!』(文化放送)で自身が特にパニック障害に苦しんだ10~20代を「心を壊しながら仕事していた」と振り返った。その発言があったのは、9月21日深夜放送回でのこと。ぺこぱのシュウペイなどKinki Kidsファンを公言する芸能人がいてくれることを嬉しく思い、自身の昔の作品を見返すこともあると語っていた。

    しかし、若かった頃の仕事を思い返すと、その胸中は複雑なようだ。

    <若かった頃、自分のお仕事してきた環境というか、周りの大人による子どもの僕らに対しての対応とか、いろいろ思い返しながら、昔の自分の作品とか姿とか見たり聞いたりしますけれども>
    <なんて言うのかな、あの頃はその環境に順応してそうしていただけという自分もいるし、昔の自分を見て、良い気持ちには、僕個人的にはあんまりならない>

     当時のジャニーズ事務所や、堂本剛が主に活躍していたテレビ業界においては、忙しければ忙しいほど売れっ子の証であり、休みたいなどと言える空気はとてもなかったことだろう。弱さを見せれば落伍者の烙印を押され、干されても仕方がない、そんな時代だった。

     そして、堂本剛は2003年に、過呼吸症候群・パニック障害と闘病中であることを公表している。

     事務所側が病名を公表して休養に踏み切るなどしたわけではない。堂本剛は作家の伊集院静氏との対談のなかで<(体調は)良くはないですけど。まあ、たいしたことはないですね。長いですからね>(2003年7月16日付日刊スポーツ)と話し、この病気とは2003年よりはるか前からの付き合いであると明かしたのだった。

     自著『ココロのはなし』(KADOKAWA)では、精神的な不調は仕事のために家族と離れて上京した15歳の頃に始まり、デビュー後には<死にたい>とすら思っていた時期があったと告白している。

     精神的に不安定な状態の、まだ10代の子どもだった彼に、必要なケアは与えられなかった。前出『Kinki Kidsどんなもんヤ!』ではこのように話していた。

    <心も壊しながら、ちゃんと治療する時間もないなかで、ずっと自分を励ましながらやってた部分が多いので。そのなかで、なんとかみなさんに納得いってもらえるものを、その頃の自分なりに頑張っててね。
     『なんなんこいつ?』『なんでこんなんもできへんの?』とか、『なんでこんな態度なん?』とかって当時思われたりとかもあったかもしれないけど、本当に僕のなかでは、ハート限界のなかでいろいろ毎日、日々過ごしてたからっていうのがあるので>

     自分自身のなかではかつての活動に対していろいろと思うところはあるが、当時のKinki Kidsを好きでいてくれた人の思いは素直に嬉しいという堂本剛。

    <いろいろなところで、『応援してます』とか、『好きです』とか、まあ、『好きでした』でもいいんですけれども、言っていただけることが、その頃の自分に対して、ちょっと癒やしになる>

     と、ファンに感謝の言葉を述べていた。

    続きはソースをご覧下さい


    お金がたまるポイントサイトモッピー 【【芸能】堂本剛はパニック障害を治療する時間もなく 心を壊しながら仕事していた「ハート限界のなかで日々過ごしてた】の続きを読む



    1 鉄チーズ烏 ★ :2020/09/28(月) 06:25:22.15 ID:CAP_USER9.net

    木梨憲武の“迷惑行為”に怒りの声「本当に嫌い」「いい年した大人が…」


    コンビでのレギュラー番組が消滅し、地上波で見る機会の少なくなった『とんねるず』。
    ネット上では、石橋貴明と木梨憲武の〝差〟が話題となっている。

    発端は、9月22日放送の『バナナサンド』(TBS系)。
    『サンドウィッチマン』が木梨のトンデモ伝説を明かしていったのだが、その中で、富澤たけしが大事にしているアルゼンチンのサッカーのユニフォームに〝ペレ〟とサインを入れたり、富澤が『東北楽天ゴールデンイーグルス』のファンだからと家のトイレの壁を赤く塗ったり、さらには寝室で焼き鳥を焼いたりしたことが語られた。


    一方で、木梨が『サンド』の東北魂義援金に協力したという〝良いエピソード〟も語られたのだが、ネット上では先のエピソードがやり玉にあげられることに。

    《絶対自宅に入れたくないタイプ》
    《自由奔放ぶって迷惑かける系ホントに勘弁。ホリケンとかもそーだけど》
    《誰かの家に行ってめちゃくちゃにするやつ嫌いだったわ~特にノリさんの悪ノリが本当に嫌い》
    《いい年した大人がやる事じゃない。超迷惑だし老害》

    といった批判の声があがっている。


    タカさんは真面目

    また一方で、相方の石橋と比較して

    《貴さんは暴れてる様に見せ掛けて常識人。本当にオカシイのは木梨》
    《たけしも言ってたけども、木梨憲武ってちょっと頭おかしいよね。度が過ぎてるというか。タカさんは真面目っていってたよね》
    《タカさんはテレビの中でふざけてるだけでプライベートは真面目そう。慕ってる人結構いるよね》

    など、石橋を持ち上げるファンも多かった。


    「石橋は後輩の面倒見がよく、プライベートでは〝関東のお笑い芸人〟を集めて飲み会を開き、関西芸人に対抗しようとしていますね。一方の木梨は、芸人というよりはタレントの要素が強く、お笑い芸人とプライベートで遊んだという話はあまり聞きません。こういったことから、後輩芸人からの人望も少し異なるのでしょう」(芸能記者)


    コンビとしてみれば、それぞれ違って良いバランスなのだが…。

    https://myjitsu.jp/archives/133753

    ★1が立った日時:2020/09/27(日) 23:28:33.37

    前スレ
    【芸能】とんねるず・木梨憲武の“迷惑行為”に怒りの声 「本当に嫌い」「いい年した大人が…」 #さくら [jinjin★]
    http://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1601216913/


    お金がたまるポイントサイトモッピー 【【芸能】とんねるず・木梨憲武の“迷惑行為”に怒りの声 「本当に嫌い」「いい年した大人が…」 #さくら ★2】の続きを読む

    このページのトップヘ